· 

ぼくはゴキブリに興味がある。

投稿者:うつせみテクノ 秋山

 

 ゴキブリは好きですか?多くの人は首を横に振るのではと思います。実は僕もゴキブリが好きかどうかと聞かれたら好きではないです。。。多分笑

 しかし、題名のように今僕の中でのゴキブリが熱いです。夏休みの夜、クワガタやカブトムシを探しに徘徊していました。クヌギの木を見つけ、そこには月夜に照らされた黒光りしたなにかがいました。クワガタだと思い、わくわくしながら近づくと

やあ

 

 

。。。こいつを絶対に食べてやる。僕の心を持て遊んだこいつを。そう心に誓い、ゴキブリについて調べました。

 

1-1.ゴキブリとは

 ゴキブリは熱帯を中心に、全世界に約4000種いるそうです。そのうち日本には50種余りがいるそうです。総数は1兆4853億匹といわれ、日本には236億匹がいると推定されているようです。

 ちなみにゴキブリの和名の由来は諸説あるみたいです。御器(食器)をかぶる(かじる)ことか「ごきかぶり」、食器の下に身を潜め御器(食器)を被ることから「御器被り」、御器のふりをすることから「御器振り」などの説があるみたいです。(wikipedia調べ)

古生代から絶滅せずに生き残っていたことから「人類滅亡後はゴキブリが地球を支配する」といわれているほどの生命力みたいです。

 

1-2.昆虫食としてのゴキブリ

 調べている中で、昔ゴキブリを食べた人が胃の中で繁殖されて、亡くなったという噂のようなものを思いだしました。しかしこれはデマだったようです。こういったデマもあり、やっぱりゴキブリはネガティブな印象が強いな思います。

 日本でもゴキブリは結構食べられているようです(※一般的なゴキブリは微生物や菌がいて、非常に危険ですので食べないでください!!未来の技術ではわかりませんが笑)

 気になる方は以下の動画をご覧ください。井上咲楽さんと内山さんがおいしく調理をしています。これを見るとおいしそう。。。?

 

 

再度申し上げますが、一般的なゴキブリは危険ですので、食べないでください。

 

1-3.薬用としてのゴキブリ

 ゴキブリは薬用としても広く利用されてきたようです。中国では古くからその効用が伝えられており、中国最古の薬学書である「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」にも生薬名で䗪虫(しゃちゅう)として紹介されているようです。効果としては、血行を良くする、解毒作用などがあるみたいです。

 実は日本でも使われていた歴史があるみたいで、しもやけや風邪、胃腸病などといった治療薬として使われていたみたいです。ゴキブリにこんな効果があったなんて。。。知らなかったです恐れ入りました笑

 

 

1-4.ぼくが注目するゴキブリミルク

 最後に紹介するのは僕が今絶賛注目中のゴキブリミルクです!ゴキブリミルクってなに。。。て思いますよね。その名の通りゴキブリからとったミルクです。

皆さんの脳内は????????感じでしょうか笑僕は初めて見た時?????????という感じでした笑

そのゴキブリの名は「Pacific beetle(太平洋甲虫)」と言います。このゴキブリは他のゴキブリと違う「胎生」の品種なのです。「胎生」とは私たちヒトと同じく、メスの胎内で栄養を与えて出産する生き物の繁殖方法の一種です。この、母体内で胎児として栄養を与えることを「胎生」と言います。一般的なゴキブリは卵から生まれます。しかし、このゴキブリのように体内で卵が孵化するのもいます。この、生態を利用してミルクを摂取するようです。

 この技術は海外の技術なのですが、南アフリカの企業ではすでにこのミルクを使用したアイスを提供しているみたいです。残念ながら写真は見つかりませんでした。。。

このミルクのすごいところは牛などのミルクの栄養価の三倍の栄養価があり、必須アミノ酸もすべて含んでいるみたいです。しかし、一匹からとれる量は非常に少ないので一般的な食としてはやるのは難しいかもしれません。しかし、発想がすごいですね。

 

 

 ↓詳しく見たい方はこちらからご覧ください。

 

https://www.sankei.com/west/news/180614/wst1806140087-n2.html

 

1-5.さいごに

 今回僕は心をもてあそばれたゴキブリを食べようと思い調べました。しかし、ゴキブリは悪いことだけでなく、薬としての利用など重要な価値があるということも分かりましたので、今回は見逃してあげようと思います(※※※決して食べるのが怖いわけではありませんよ)

 

 今後も様々な昆虫に注目をしていこうと思います。ご覧いただきありがとうございました!

 

引用・参考文献

ゴキブリとは wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%82%AD%E3%83%96%E3%83%AA#